多発性筋炎と診断された母。発症からの毎日を娘の視点でボヤいています。
design by ともまお☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わぬ仕事が入ったその日。
退院後、初めてとなる診察を受けました。


CPKの値がどうなっているか、
数値によっては仕事も反対しなきゃと思っていたのですが、
なんと、


 398



よかったー!!!

先生もビックリの好結果で、
退院後はあまり減らすつもりがない、と言ってたプレも
退院前にメソトレキセートが1錠から2錠になっていたこともあり、
6錠(30ミリ)から4錠(20ミリ)に変更になりました。

母の場合、どちらかというと遷延化している状態で
プレドニンよりもメソトレキセートの方がよく効くみたいです。


プレドニンの副作用で、顔がまんまるになり(ムーンフェイス)
鏡で見るたびにため息をついていたので、
減量しないと聞いてたプレドニンが減量になって
母の機嫌もとびきりハイテンションに(笑)


それでもやっぱり気になるのは
減量して本当にこの顔が元に戻るか、ということらしく…

ネットで検索して見つけていた
SLEの患者さんのHPに載せられていた画像で
プレドニン服用前、服用中、減量中、減量後のものを見せてあげると
少し気持ちも落ち着いたようでした。


といっても仕事中、やっぱりいろいろ言われたらしくて
けっこう落ち込んでましたけどね…



なにはともあれ、減量できたことは良かったこと。

思っている以上に順調に?治療が進んでいて
怖いぐらいです。。。



薬がまったくなくなることはないって言われてるけど
せめて、顔が元に戻るぐらいの量で
維持できたらいいなって思います。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。