入院36日目

ここでは、「入院36日目」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数日、母の体調はイマイチな日々が続いています。

最初は何ともなかったんですが、ここにきて副作用が少し出たようで、
胃の痛みや吐き気、だるさなどに次々と襲われているようで、
会いにいっても、少しの元気もありません…

2週間前の元気さがウソのよう・・・・・

こっちもつられて滅入りそうですが
努めて明るく楽しく、振る舞うようにしています。


昨日は下の子の顔を見て、少し元気になったみたいでした。
今日はお友達がお見舞いに来てくれるとか。
また少し元気をもらえたらいいけどな。。。



数値の方は相変わらず、500前後から増えもせず、減りもせず…
300ぐらいになったら退院、と先生は考えているようですが
週末400ぐらいに下がっても、週明けには500を超えてしまうんですよね。

プレドニンではなく、免疫抑制剤の方が効いてるんじゃないかって
その先生はおっしゃってて、薬の配合を考えるとの話でしたが
どうも他の先生方との話で、それはやめておこうという話になったみたいで
結局、プレだけを減量していく、元の方針に戻ったようです。

医大なので、主治医の先生の他に担当の先生が3人いて
さらに教授がいるわけで・・・・・
なかなか大変???



母は、数値は当初からいえばかなり減っているとはいえ、
目に見えて、というか自分で実感できる変化がないためか
ホントに薬が効いているのか不安みたいで、
とにかくあれこれ、訴えてきます。

数値が減ったからって、すぐに元通りの生活が送れるわけないだろうし
何もせずにただ寝ているだけなんだから、体力が落ちても不思議はないし…
と思うのですが、母にはそれが納得できないらしくって。


ボケたんじゃないかってぐらい毎日同じことを、
会うたび会うたび、訴えてくるので、かなり疲れてますw

でも、そうやって言ってないと不安なんだろうし
今は聞いてあげるしかないのかなぁとも思ってます。


経験したことのないことをアドバイスなんかできないし
所詮は気休めしか言えないわけで…
本当に母にできることは数少なくて…
そう考えると、ちょっと凹んできます。


でもでも。
今はただ側にいて、ただただ話を聞いてあげる。
それできっと、いいんだよね。。。。。


退院の許可が出て、田舎に帰って、
本当に父と暮らせていけるのかもやっぱり不安だし、
こうなると、実家まで3時間弱というこの距離が
本当に本当に不安になります。


不安ばっかり言ってても仕方ないけど…
でも不安なんだよね。。。何もかもが。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございました!
asuraさんの言葉、ホントに素直に信じますね!す~っと入ってきたんですよ、頭の中に。
今は、静かな闘志がメラメラです。
クヨクヨしても、落ち込んでも、今の気持ち忘れないようにしたいです。
ありがとうございました!
これからもぜひぜひよろしくです。

お母様、その後お加減いかがでしょうか。
病室に毎日行って母の話を聞くだけでも、それだけでもできれば少しは、と思って行っても。
本人のきつさは想像しかできずわからなくて、私も悶々と悩む事が多かったです。
多かったけど、、、そういうところを見せるわけにもいかないしですね。
とにかく悶々としつつ、病室に通った日々でした。
けれど、それがきっと報われる時がくると思います。

asuraさんが無理しないようにしてくださいね!
応援してます。
2009/12/11(金) 22:44 | URL | イリクマ #-[ 編集]
こちらこそ、いつも温かいお言葉ありがとうございます。

頑張っているのは私だけじゃない。
そう思えるだけで、上を向かなきゃって思えるし、
頑張れる力をもらっています。
本当に辛いのは私じゃないですもんね。
私は元気。なんとでもなる!そう思います。

お互い、自分の体も大事にしながら、
大切な家族のこと、支えていきましょうね!
こちらこそこれからもどうぞよろしくです^^
2009/12/12(土) 00:54 | URL | asura #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asitahayokunaru.blog13.fc2.com/tb.php/22-f1fbc971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。