6月♪

ここでは、「6月♪」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も嫌~な梅雨がやってきました☆

梅雨入りが遅れた分、梅雨明けも遅れるのかと思いきや
別にそうなるとは限らないんだとか。

梅雨入りは遅れてもいいから、
梅雨明けは急いでください♪と心から思うワタシです(笑)



今月、実は結婚10周年になります♪

といっても平日なので…なんの予定もなくw
実家が目の前だった頃は、両親に子どもを預けて
2人だけで食事に行ったりもしたんですが
もう実家も車で3時間かかるので、それもムリで
今年は家のベランダで焼き肉するか(パパ案)
手巻きずしにするか(ママ案)で迷っているところです。

20日の父の日は、うちの両親が息子の試合の応援に来るので
5月の下の息子の誕生日と父の誕生日と、母の日と
父の日と結婚記念日のお祝いにとみんなで外食しようと予定しているので
(え???ちょっとまとめすぎですか?笑)
まぁ当日何もなくても別にいいかなぁーとも思ってもいます。

でもせっかく10周年だしなぁ~~~。
ケーキでも焼くかな!




ここからはちょっと長~いハナシ。
ワタシとムスメのことなので、母の話は関係ないです☆




6月は、ちょっぴり胸の痛む季節です。

本当は、結婚記念日前後に娘が無事に産まれてくる予定でした。
最高の結婚記念日のプレゼントになるはずだった。

でも、パパが大好きだったのか慌てん坊だったのか…
ムスメは予定より4ヶ月も早く生まれてきて
あっという間にあっちに行っちゃいました。

忘れられない、予定日。

娘が生まれ、この世を去った今では
なんの意味もないこの1日に、
今年もココロ奪われてしまう私です。



あれから5年。
時が解決してくれたことがたくさんありました。

最初は、生きている、それだけでも苦痛だった。
自分だけが生き残っている、そのことが何より辛かった。

なぜあの子を守れなかったのか、
なぜ自分だけが助かってしまったのか、
それだけを問い続け、自分を責めるしかなかった。

時間薬。

そんな優しい言葉にさえ、ココロは傷ついて…
もう、笑うことも楽しむことも
私には二度と来ないだろうと思ったこともある。



だけど今は。
あの子を想い笑うこともある。
もちろん泣くこともあるけど、楽しいことだってある。
嬉しいことだってたくさんある。

あの子を亡くしたからこそつかめたモノがたくさんある。



あの子を守れたことによって手に入れることができた幸せと
あの子を喪ったことによって気づくことができた幸せ。

どっちが幸せかは分からない。

だけど私は、このままでイイと思う。
娘はもうここにいなくて、もう会うこともできず
声を聞くことも大きくなった姿を見ることもできないけど
私はこれで幸せだと思う。



もし今、過去のどこかに帰れて、人生をやり直せるなら、
娘を妊娠していた時に戻りたい。

そして、もうちょっとだけ、いろいろ頑張ってみたい。


だけど。
娘が選ぶ人生が同じ人生なら、
私もまた同じ人生を選びたいと思う。

あの子に出会わない人生より、
あの子に出会って、悲しみや苦しみを知った、
今の私の人生をもう一度生きたい。


悲しかったし苦しかったし辛かったし…
そんな言葉じゃ言い表せないぐらい、長い長い日々だったけど
悲しみや苦しみ、辛かった分、幸せもあった。

あなたに会えて、幸せだったよって
いつかあの子に会えたら伝えたい。

うちの子に生まれてきてくれてありがとうって
心から感謝したい。




んーあとは…
イモウトの写真を見たい!とごねる息子2をどうするか、ダナ。

小学1年生。
イモウトの死は、どう理解できるんだろう?
息子を今以上に悲しませやしないか、
息子の心に負担をかけてしまわないかと不安になる。


ムスメの写真は、生前のものではない。
NICUでは写真を撮るヒマさえなかった。
あの子は本当に慌てん坊だったから…


ワタシから見れば、可愛くて仕方のない写真。
数枚しかない、貴重な、可愛い自慢の娘の写真。

だけど…冷静に見れば、相当コワイ写真。
現実がしっかり浮き出ている写真。


あの子はどうしたいかな。
お兄ちゃんに、会いたいかな。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asitahayokunaru.blog13.fc2.com/tb.php/48-639deef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。